since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 武道 >
< 動画 >
< 空手の技 >
< 正拳2段BFS >


タイトル 正拳2段BFS(2013年02月28日撮影分)
説明 主バネ(大腿筋伸筋群)の解放1回につき2回の接触を予定する正拳BFSです。
使用カメラ CASIO EXILIM EX-FH20
撮影モード HS > 210fps
再生時間 10秒
撮影時間 1.38秒(290フレーム)
撮影日 2013年02月28日
テープ起こし欄
後日撮り直し用メモ欄 接触予定の瞬間に前脚が伸びている所がいけない。
着地の衝撃吸収と前方への重心速度向上とバランシングの都合から、ついつい、こう成ってしまい易い。
しかし、これでは、拳が当たるより先に足が相手に当たってしまいそうだ。
実際にやってみて、足が相手に当たらない事が確認できれば、このままで良いが。
また、第1突きのタイミングが早過ぎる。
脚力の限界に由来する滞空時間の限界から、こう成り易い。
第1突きのコンタクト予定の瞬間は、主バネの解放完了と同時かそれより後にしたい。
短い滞空時間の中で、この点を改善するには、第1突きと第2突きの時間間隔を短くする必要がある。
重心軌道は所詮放物線だから、上下動を無くす事は出来ないが、上下動も、もっと抑えたい。
足元まで写る様に撮り直せ。

YouTube「体育の秒」