since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2015年07月 >
< 06日 >
2015年07月06日(月曜日)
空手アレコレ

実際の試合を見ていると、気態での公転が、ほとんど常時と言って良いぐらい頻繁に存在している、事に気付く。
従って、BFS基本構えから真ん前に跳び出すのではなく斜め前に跳び出す事が出来るか、とか、BFS基本構えで自転できるか、といった問題が、基本的に重要である。
斜め前方に跳び出す事については昨日、自分でやってみて出来る事が分かった。
敵のサイドステップの開始が、こちらのBFS用ステップ開始よりも後ならば、打つ手は無いが、こちらの分極を待たずに敵が公転したならば、敵のサイドステップの行き先を狙ってBFSを発射する事が出来る。
斜め前に跳び出す代わりに、真ん前に飛び出し突き腕を斜め前に伸ばす方法も考えられる。
BFS基本構えで自転できるかどうかは、まだやってみていない。

また、実際の試合を見ていて、1打目をBFSで入ってAFSを連打するコンビネーションが絶対に必要だ、と思った。
ボクシングはAFSだと言うが、実際の試合を観察してみると、踏み込んでの1打目は、かなりBFS的だ。
これは、自分が踏み込んでAFSを打つ場合、自分のAFSのコンタクトの予定時刻よりも、自分の被打部位が敵の射程圏内に入る時刻の方が早い、というAFSの弱点をかばうために、選手が本能的にそうしてしまうからであろう。
前足側の腕によるパンチのフレキシング用バネは踏み込み動作によって解放されてしまい易く、溜めたままにするのが難しい、溜めたままにしようとすれば踏み込みが小さく成ってしまう、という事情のせいでもあろう。
大きく踏み込んで後足側の腕でフックを叩き込む事を得意技とする選手が居るが、この技はタイミングについてのAFSの先述した弱点を丸出しにした技であるはずなので、この技に立ち向かう際には、敵の頭部のみを見て、それを野球のボールの様にストレートパンチで打ち返せば、自分のストレートパンチの方が必ず敵のフックよりも先に当たるはずだ。
踏み込み逆フックは豪快なので、これを仕掛けられると、腰が引けて、ついついバックステップしてしまうが、それは非常にもったいない話だ。

前足への後足でのローキックに対しては、逐一前足で中段前蹴りを合わせる、という対処法が有効なのではないか、と思ったが、実際の試合を見て確かめてみると、それは間違いだ、と分かった。
ローキック者が上体を後方に倒すので、被ローキック者は前蹴りをローキック者の胴体に当てる事が出来ない。
金的蹴りと軸足蹴りなら出来そうだった。
中段前蹴りなら、被ローキック脚をローキックから十分に逃がす事が出来るが、金的蹴りと軸足蹴りでは、その点が不明である。

総合格闘技の試合を見ていて、以前はローキックでは膝より上を狙ったが最近は膝より下を狙う人が増えた、という風に解説者が言うのを聞いた。
これは重要な情報だった。
私は、僅かに内を向いている膝を外から回し蹴りで蹴る、膝より上でも下でもなく丁度膝の位置を蹴るのが最も効く、と思っていた。
追って確認したい。

正拳上段逆ストレートAFSを練習していて、拳の軌道は、標的と自分の顔の右脇を結ぶ直線ではなく、自分のアゴと敵のアゴのを結ぶ直線ぐらい、に思った方が上手く動作できる事に気付いた。
AFS基本構えで誤って半身度を大きくしていた時には、右から前へ大きく振り出す感じで丁度良かったが、半身度を最小にする方式にAFS基本構えを修正してからは、顔の前で小さく突き出す感じが正しい、と思う様に成った。
それと同時に、AFS基本構えでの後足側の拳の位置は、目に拳が見える位置だ、という事も、やってみて分かった。
半身の構えから逆ストレートを打つとストロークが長くて爽快だが、半身度の小さい構えから顔の前で行なう感じの逆ストレートには、その爽快感が無い。
しかしその分、コンパクトで時間的にも素早く実戦的だ、とも思う様に成った。
素振りの爽快感は、技の正しさを見誤らせる事が有る。

修正後のAFS基本構えでの後足の爪先の向きを測定してみた。
前足のカカトと後足の爪先を結ぶ直線が、後足の内側(親指側)のラインに垂直ぐらいだ、と分かった。
修正前のAFS基本構えでは、前足のカカトと後足の土踏まずを結ぶ直線が、後足の内側(親指側)のラインに垂直ぐらいだった。
修正後のAFS基本構えでも、以前調べた時には、前足のカカトと後足の母指球を結ぶ直線が、後足の内側(親指側)のラインに垂直ぐらいだ、と思ったが、後足の爪先はもっと前を向くのが正しいらしい、というのが最近の結果だ。
また、後足の爪先を前に向ければ向けるほど、膝は少ししか曲げる事が出来なく成るが、AFS基本構えでは膝は少ししか曲げない、という風にする事にした。

アスファルトの路面の上に靴を履いて立っている場合、足裏全面接地のままでは軸足の回転は不可能だ、という事を再確認した。
前足での蹴りでは、蹴りの反作用に抗する為に、軸足は足裏全面接地とするが、軸足は回転させない、と考えてみた。
後足での蹴りでは、蹴りの反作用は重心運動量の消化に使い、軸足には負担を掛けず、軸足は足前底のみ接地、と考えてみた。