since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2014年03月 >
< 15日 >
2014年03月15日(土曜日)
STAP論文騒動について

結論を言えば、私の見解は、論文を取り下げずに残したまま、訂正記事も含めてそれについての論文やレターを追加的に投稿する、という方法が望ましい、という物です。

論文を取り下げてしまうと、そういう論文が有った、という事実が抹殺されてしまう危険性、が有ります。
また、どういう論文だったかも。
普通は、論文に満たない著作物は、却下された場合と同等の状況下に置かれても、それでよいと私は思いますが、STAP論文騒動は、STAP論文が謀略である可能性とSTAP論文への攻撃が謀略である可能性の両方を考慮する必要が有る異例のケースだと思う。
iPS利権に対してそれを突き崩そうとする謀略が仕掛けられた可能性と、iPS利権が自己保身の為にSTAP論文を葬り去ろうとしている可能性の両方です。

その観点から言うと、森口事件についても、蒸し返して考える必要が有ると思う。

これほどまでに重要なテーマについての騒動でなければ、論文を取り下げる、というやり方が正しいのかもしれないが、この騒動の場合には、特定の措置がどちらか一方に有利に他方に不利に働く、という要素を極力排除する必要が有ります。

STAP論文について指摘されている欠点について、テレビで見た時には第一印象としては、論文著者の行為は悪質だ、と思いましたが、その後、以下の疑問を持つ様に成りました。
DNA解析の結果の画像の切り貼りについては、問題に成っている部分以外の部分を、問題に成っている部分に対して定規の様に使った物と見る事は出来ないだろうか、という疑問を持ちます。
論文の不備が型式に関するものだけなのか、それとも、論文に偽の証拠が掲載されているのか、どちらなのかが重要です。
博士論文の画像が使われている、という点については、それがSTAP細胞作製に成功したという証拠だとされているならば、博士論文が作成された当時に何故著者も含めて誰も、その画像を見てSTAP細胞だと思わなかったのか、という点を疑問に感じます。
博士論文の画像は、証拠以外の意味で掲載されている、という事はないでしょうか。

私はここでトンチンカンな事を言ってるかもしれないけど、テレビを見て伝わって来た事からだけでは、そこまでしか分からなかった。
だから、私も含めて専門外の人には、「ね、おかしいでしょ?」と言われても、まだ判断できないはずだ。

他の論文の文章がコピペされている、という事については、それが常套句と言って良いぐらいに研究者間で断りなく用いられている様な物なのか、それとも、あまり知られていない文句なのかが、伝わって来ません。

以前、何かのテレビ番組で、STAP細胞は実験中に偶然に出来た、という風に見ましたが、昨日テレビを見ていると、バカンティ教授が発案者だ、とされていました。
これも変です。

また、小保方博士自身がテレビに出て釈明している姿を全く見なかった事も、不審に思っています。
誰かが小保方博士に反論を言わせない様にしているのではないか、という風に疑っています。