since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2012年01月 >
< 30日 >
2012年01月30日(月曜日)
貨幣動力学の2体問題
世界のお金の総量の問題を解決するために、2人が貨幣1個を用いて取引を繰り返す状況、を考えてみる。
お金の総量の問題とは、貨幣が債券ならば返済によってそれが減少しないのは変だ、という問題の事だ。

その2人を、A,Bとする。
最初、Aが手袋を持っていて、Bは何も持っていない、とする。
次にBが、有担保または無担保で、Aから手袋を借りて、債券として貨幣1個を鋳造してAに渡したとする。
次にAが、その貨幣で手袋を受け戻し(購入し)た、とする。

さて、この時点で、手袋は持ち主であるAの所に戻っていて、債券と債務は消滅している。
しかし、貨幣を持っているのはBだから、見かけ上Bが債券を持っているかの様な状況に成っている。
実際には債権も債務も消滅しているのに、Bが債券を持っているかの様に誤解すると、さらにBはAから手袋を購入(受け戻す事が)できる様に見えてしまう。

たぶん、経済循環機関と個人の取引として私が説明した
債務の減らない永久に続く貸借は、この様な誤解だろう。

2人の場合に話を戻すと、BがAから手袋を購入する事は、違反ではないが、その意味は「受け戻す」ではなく「借りる」だ。
つまり、これは、BがAに、悪いけど手袋をもう1回貸してくれないか、と言うべき状況だ。
つまり、一見同じに見える貨幣での購入という行為の中には、「受け戻す」と「借りる」という意味的に異なる2つの行為がある様だ。
この事から、現代の巨大な経済循環機関においても、貨幣での購入行為には、その2つがある、と思われる。
これで一応、お金の総量についてのパラドクスらしき疑問は、解消した。

この視点で
2012年01月16日の記事2012年01月17日の記事で説明した無限ループ状の連鎖取引を眺め直してみると、購買が受け戻しの意味を持つのは、基本的には、貨幣への信頼が失墜して担保を受け戻す場合だけで、ほとんど全ての取引では購買は「借りる」の意味を持っている事に気付く。

今までは、与益して貨幣を得る事を「貸す」として、貨幣を支払って受益する事を「受け戻す」として、認識して来たが、これで、貨幣を支払って受益する事は「借りる」に当たるらしい、と分かった。
ただし、何かを貸した後でそれと同等の物を受け戻す事、に比べて、何かを貸した後で受け戻さずにそれと同等の物を借りるだけ、というのは、その貸した人の譲歩であって、「借りる」だから他者に譲歩させている、という事は無い。

さて、お金の総量は何を意味するか、という問題に戻ると、どう成るだろうか?
複雑な又貸し構造を考える事に成るのか?
やはり、購買を「借りる」と解釈するのは間違いなのかも。
2体問題には無い含蓄が、無限ループ状の連鎖取引には含まれていそうだ。
パラドクスは2体問題で解消したが、購買=借という結論を出すには、2体問題を検討しただけの現段階では、まだ早い様だ。