since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2012年01月 >
< 15日 >
2012年01月15日(日)
貨幣の起源
昨日の記事に書いた様に、貨幣経済の原始時代には、与益せずして貨幣を持つに至った者が、必ず居るはずだ。
それは誰だろうか?
元々は、貨幣の発行者つまり国家権力、だろう。
昨日、貨幣は最初無償で配給されたのかなあ、と父に問い掛けたら、最初は主君が家来に家禄を貨幣で支払ったみたいな事だろう、と言われ、それは当たっていそうだ、と思った。

そこで、主君が、家臣からの受益に対する報酬として、自分で鋳造した貨幣を使った、という状況を考え、その論理を検討してみる。
家臣にしてみれば、最初は、貨幣なんかもらっても、何ももらってないに等しい、と不満に思うだろう。
それに対して、主君は、その貨幣で臣民から受益できる、と説明する。
これで家臣は一応納得するだろう。
しかし、これでは、本来は主君がすべき家臣への与益を、臣民に肩代わりさせている事、に成る。
家臣は、その点を疑問に思うかもしれないが、どの人もちゃんと受益できるのだからまあいいや、と考えたのだろう。
家臣が臣民から益を貨幣で買おうとする時にも、同じ事が起こる。
臣民は、最初は、貨幣なんかもらっても、何ももらってないに等しい、と不満に思うが、その貨幣で他の臣民から受益できる、と説明され、納得する。
その繰り返しだ。
こうして貨幣は、不幸の手紙の様に、権力の出先機関として、徴収の波を波及させて行ったはずだ。
こう考えると貨幣は、債券ではなく、徴収令状であり、主君への無償の与益の領収書だ。

経済全体を考えてみると、それまで家臣への報酬が物納税の中から支払われていた、とすると、それを止めて貨幣で支払う事は、税の2重取りに当たる。
しかし、それに相当する分だけ税の減免が実施されていれば、そうは成らないので、その点は本質的な問題ではない。
おそらく、貨幣が債券ではなく徴収令状、領収書である事自体が、問題なのではないか。

現代社会では、実感としては、貨幣は益の債券だと思う。
しかし、起源においては、貨幣は徴収令状であった様だ。
貨幣の徴収令状としての性質は、時間と共に減衰して行ったのか?
それとも、まだ保持されているのか?

主君が一方的に、統治という行為は家臣と臣民に対する与益であるので、その債券を作る、と言って貨幣を鋳造した、と解釈する論理的可能性はある。
そう考えると、主君も与益に対して貨幣を持つに至った、と考える事が出来る。
だから、与益せずに、というのがポイントではなく、受益者から渡された貨幣ではない事と、受益者に有無を言わせずのものである事、がポイントなのかもしれない。
とすると、貨幣を債券として理解する私の考え方を、今後も押し通す事が出来るかもしれない。

---
注:不幸の手紙とは、だいたい「この手紙と同じ内容の手紙を3日以内に10人の人に渡さないと、あなたは不幸に成ります」といった内容の手紙で、過去に大量に出回った事があるそうです。