since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2011年11月 >
< 30日 >
2011年11月30日(水)
平均値詐欺、統計値詐欺について
劣の存在との関連で言うと、義務のレベルの相場は、それではその様な劣者が生きて行けないではないか、「劣者は死ね」と言うのか、という批判を免れる程度に緩いものでなくては、いけない。
従って、当然そう成っている、はずだ。
一昨日の記事に書いた、赤点は30点以下だ、というのは、そういう意味だ。
この事と、義務は万人に公平に課されなければいけない、という原則を考え合わせると、劣の存在から義務のレベルの上限が導き出されるはずだ。
こうして劣の存在は、義務のレベルの相場を偽って吹っ掛ける詐欺の、状況証拠として働く。
多分これが、この問題について私が日頃から感じている事の粗筋だと思う。
感覚的には全部把握しているつもりだが、文字に書くと、これで全てだ、と言い切る自信は無い。
また、個人別に優劣の程度に合わせた義務を充てろ、という主張は正当であり、従って、これも、当然そう成っているであろう(例えば累進課税)から、上記は、あくまで単なる粗筋だ。