since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2007年12月 >
< 31日 >
2007年12月31日(月)
空気入れ
空気読め、という叱責は、その内容如何によっては、一概に間違いとは言えぬが、実際には、不当な要求の表現として用いられている場合が多い。
それは、周りのみんなに合せろ、という要求だ。
周りのみんなに合わせなくてはいけない場合だってあるが、そうではない場合にも多用される。
個性重視という言葉が特に教育現場で声高に叫ばれるように成った頃から、集団主義がはびこる様に成った。
空気読め、という言葉は、学校の先生語ではなく、むしろ生徒達が使う言葉だが、集団主義の言葉である。
周りのみんなに合わせないと、空気が読めないヤツ、にされる。
空気が読めないのではなく、空気を読んだ上で空気に逆らった時にも、読めない、にされる。
これはイジメである。