since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2007年12月 >
< 02日 >
2007年12月2日(日)
子供にはサンタクロースを
事実に関しても、子供には弱者割引があって然るべきだ。
優秀な子供の優秀性をもみ消すのは断じていけないが、子供にはサンタクロースが居た方が良い。
子供の中には凡庸な者は一人も居ない、子供はみな天才である、という事で良いし、子供はみな、将来は世界一に成る、という人生設計を持っていて良い。
夢との離別については、成人して現実の厳しさに直面し、夢を断念する、という悲愴な捉え方が一般的だが、私は、ここに、もっと悲愴でない捉え方を紹介しよう。
それは、夢への幻滅、という捉え方である。
分かり易く言うと、子供の頃は、父の背広姿よりも野球のユニフォームの方が格好良く見えたが、大人に成ると、野球のユニフォームは背広よりも子供じみたものに見える、という事だ。
私も、もうこの歳に成ると、子供の頃には人間最高の栄誉に見えたものの多くが、少しはくすんで見える様に成って来た。