since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2007年04月 >
< 14日 >
2007年4月14日(土)晴れ
人は何故自由から逃げるのか
虚無が怖いからです。
何も出来ずに一生を終わるのが怖いからです。
全き自由が与えられた、と言っても、自分の活動を評価する自分の正直な気持ちから開放される自由は、誰も持ち得ない。
かなりの天才であっても、普通は、何者をも手本にせず活動する限りにおいては、自分を落胆させる結果しか生み出す事が出来ないだろう。
従うべき模範を探し求め、それに従えば、確かに、最悪の事態は避けられる。
天才ならば、模範をヒントにして、それをはるかに凌駕する境地に到達する事が出来る場合がある。
しかし、その事によって失うものもある、という事を、知っておかねばならぬ。
それは、模範に頼った時点で、多かれ少なかれ発想が限定されてその柔軟性を失う、という損失だ。
模範にすがる事を一切廃し独自に徹するならば、何も生み出せないリスクを負う代わりに、発想の原始的柔軟性を温存する事が出来る。