since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2006年08月 >
< 06日 >
2006年8月6日(日)原爆の日
CDは欠陥技術なのか?
僕のミニコンポは名の通ったメーカー製で5万円もした。
なのに、しばしば、CD再生中に音が飛んで同じ所を繰り返し、先に進まなくなる。
販売店に調べてもらったが、症状は僕の部屋で認めてもらったが、工場検査では異常無し。
レコード店でCDを調べてもらっても、こちらも異常なし、だった。
静電気が原因である事に気付き、これで解決、と思った時もあるが、どうもそれも違うらしい。
通販で買った僕のヴォーカルカット機能付きCDプレイヤーは、ほとんど使ってないのに、品質保証期間の約1年が経過した直後に再生不能状態に成った。
他にもCDの不具合は友人の口からも良く聞く。
レコードやカセットは、音質も悪いし取り扱いも面倒だったが、もっと長持ちしたと思う。
劣化も徐々に進行したし、壊れたときにも、なぜ壊れたのか納得できた。
CDの場合には、鳴ったり鳴らなかったりが非常に気紛れで、何故そうなのか全く分からないし、壊れるときにも、前触れ無しにある日突然壊れ、どうして壊れたのか全然分からない。
これで良いのか?全く腹立たしい。