since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2006年06月 >
< 22日 >
2006年6月22日(木)大雨
中島みゆき、モア
「予感」のジャケットでは、彼女は、もはやオシンではない。
この頃にはもう、美人ブス2分法的には、明らかに美人に分類される。
お色気出しちゃって。
「はじめまして」のジャケットでは、オシンを脱皮して歌姫へと羽化してる、って感じ。
ところで、中島みゆきの曲って、本質的には何なんだと思う?
「泣きたい夜に」や「遍路」は、ジャンルで言うと明らかにアメリカンカントリーソングだが、彼女の歌は全部このジャンルかと言うと、そうでもない。
その分彼女は多才なのだが、では、把握不能な多才として、それ以上の詮索を断念するしかないのだろうか?
たとえば「エレーン」の冒頭は「捨てるほどの愛でいいから」のフレーズだと思わない?
このように、詮索するための手掛かりはある、と思うんだ。
前に僕は、中島みゆきの曲の旋律展開を平易でポピュラーだと書いたが、あれは、鬼束ちひろの曲と比べてであって、たとえば他作曲家による「G番街のM」の旋律展開なんか、中島みゆきの「エレーン」の旋律展開に比べると、ほとんど童謡程度だとすら言えるだろう。
むしろ、中島みゆきの音楽の特徴は、詞と不釣合いなまでに踊り狂う曲のカオス的な進行にある、のではなかろうか。
シャウトは、高性能スポーツカーのエンジンのように吹き上がる美しいカタストロフィーだ。
もっとも、これは、中島みゆきに限らず、良い歌一般について言えることだが。
ABBAの「The Winner Takes It All」に見られるように、残酷が軽快な旋律に乗せられて歌われるときに表現の皮肉が最高度に高まる、という面がある。
僕は、今まで聴いた中島みゆきの曲の中で、最もイケテルと感じたのは「歌姫」のある部分だった。
この僕の感じ方も、純粋に曲だけに対してではなく、歌詞にも依存しているのではあるが。
それに、旋律展開が平易だからと言って、それを作るのが簡単だ、というわけでは決してなく、平易だろうが巧緻だろうがヒットする旋律を考え出すことは非常に難しいということは、たとえば、寺尾聰が「ルビーの指環」以後ズッと今まで別の新しいヒット曲を全く作る事が出来ないでいる、という事実を見ても分かる。