since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2006年06月 >
< 21日 >
2006年6月21日(水)晴れ
商業主義と伴奏
中島みゆきの曲の伴奏パートを聴くと、その時代その時代の空気が感じられる。
実に、変わらない彼女の歌声と共にあるのは、流行り廃れのある伴奏音だった。
中島みゆきのような日本を代表するアーチストであっても、音楽が商業活動枠内で行なわれる現代の申し子であることに変わりはない。
しかし、彼女ぐらい成功すると、商業的な理由によって生じる制約にあまり縛られる事なく、かなり自由に(良心に忠実に)活動できただろうと思う。
実際、実験的試みと見なされ得る作品も多々見受けられた。
伴奏音で一番笑えたのは、「追いかけてヨコハマ」という曲の伴奏に「ピュピュピュ〜ン」という電子音が含まれていた事だ。
ただし、この曲は、変わらない彼女の歌声と言うには、あまり彼女らしくなく、普通の歌謡曲みたいだったが。
中島みゆきの曲の伴奏音の中で僕が最も注目するのは、エレキギターだ。
彼女がメソメソ歌ってる直ぐ横でエレキギターが「ぴえ〜ん、ぴえ〜ん」と鳴ってる事に気付きそれを意識する時には、「何が何でもAFS」や「何が何でもBFS」が見えてしまった時の高岡英男に生じたのと同じ感情が、自分にも生じるのを禁じ得ない。
エレキギターも悪くないが、伴奏がアコースティックギターの時には、その音色のあまりの美しさに、ギターの音色がこんなに美しかったとは、と思わず聞き惚れた。