since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2006年06月 >
< 20日 >
2006年6月20日(火)晴れ
エレーン
この曲って、有名なんですか?
有名でないとしたら、どうして、こんな名曲が有名ではないんですか?
僕は、友人に好きなアーチストを尋ねられたとき、「中島みゆき」と答えることがある。
でも、鬼束ちひろと中島みゆきとではどちらを高く評価するか?と尋ねられた時には、今までは僕は、鬼束ちひろの方を高く評価する、と答えて来た。
メソメソ路線音楽では鬼束的なハイセンス路線の音楽には勝てない、と思って来たからだ。
それが、この曲「エレーン」で逆転してしまった。
「地上の星」で中島みゆきを知った、という世代にとっては、中島みゆきのイメージは、ジャンヌダルクのごときものかも知れない。
しかし、僕らの世代にとっては、中島みゆきはメソメソ路線を基調とし、そこを基点に千変万化する、というのが共通認識だろう。
もっと古い世代にとっては、中島みゆきは、デカダントなドフォークなのかもしれない。
そんな彼女のメソメソ度が頂点に達したアルバムはどうもこれらしい、というものを見つけた。
見つけたと言っても、僕が知らなかっただけで、有名なアルバムだと思う。
それは、メソメソ過ぎて、メソメソと言うより、むしろ呪いに近い。
そのアルバムには、アルバム名と同じ題名の曲が全く入っていない。
その代わりに「エレーン」という題名の曲が入っており、この曲の中にアルバム名が歌詞として現れる。
僕は、こういうのを見るのは初めてだから、これを最高に粋な事だ、と思った。
「エレーン」においては悲しみの主体が1人称ではないので、この曲は真の意味でのメソメソではなく、そのために、僕にとって鬼束の音楽を超えたものに成り得た、のかもしれない。
僕にとって、中島みゆきの曲は自虐的で明示的な感情表現と平易でポピュラーな旋律展開、鬼束ちひろの曲は攻撃的で暗示的な感情表現と少し難し目の洗練された音楽性、が中心であり、そのため、中島みゆきの曲というものは、それに強く惹き付けられていながら、それを他人に公言するのは少し恥ずかしい類のものであり、鬼束ちひろの曲は、それを自分が好むということを他人に言うことが、自分の音楽評価能力の自慢になると感じられる類のものであった。
そのため、高校生の頃、僕は、中島みゆきの曲を聴きながらそれに心酔している自分を、「イマノヂブンハヒヂョウニカッコワルイヂョウタイニオチイッテイル」という風に認識したものだった。
そして、中島みゆきの曲はあくまで日本人向けだが、鬼束ちひろの曲はもっとグローバルな響きを持っている、と僕は感じる。
だから、このたび僕が「エレーン」を鬼束の曲より高く評価したということは、僕の中に日本人的嗜好性が汎人間的嗜好性を超える領域が存在すること、を意味するのかもしれない。