since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2006年05月 >
< 30日 >
2006年5月30日(火)晴れ
僕にとっての英語の位置付け
友人から、英語が出来るようになったら英語を武器にして活躍するのか?と訊かれ、僕は、「英語は武器ではなく障害だ。僕は、英語という障害を取り除くために英語を勉強しているのであって、英語が武器になるとは考えていない。学問の世界の中に話しを限って言うならば、英語なんて出来て当たり前で、英語が出来ないという事は一種の言語障害だから、英語が出来るようになっても、それは言語障害が治癒した、というだけのことであって、何か人より優れた能力を獲得した、ということにはならない」と答えた。
しかし、英語障害者の僕としては、当然、このような状況を肯定的に受け止めているわけではなく、英語障害についてもバリアフリーが望ましい。