since 2003
イレコナビ サイトマップ
< 日記 >
< 2006年02月 >
< 02日 >
2006年2月2日(木)晴れ
アクセスに係る心理的障壁
昨日、Englishtown.comというサイトに自分を登録した。
これは、ネイティヴ・スピーカーがヴォイス・チャットで英会話を教えてくれるウェブサイトだ。
前から存在は知っていた。
これが最善だろうとも前から思っていた。
登録し受講するのもワンクリックに近い手軽さだろうことも前から想像がついていた。
それなのに、何故か、僕は昨日まで一度もこのサーヴィスを利用した事が無かった。
その原因は心理的障壁だろう。
安全性、有益性、経済性などの条件が全て整っていて、アクセスすべきでない理由が全く無くても、それどころか、アクセスすべきだという事が分かっていても、その一歩が踏み出せないことが人にはある。
2週間は無料で体験可ということらしいので、昨日今日と会話授業を受けてみたが、会話授業に参加するためのボタンをクリックするのに勇気が要るのなんのって。
ドキドキものだった。
同じインターネットスクールとして、宇田英才教室も考えなきゃならん。